ロゴ

保育士の求人情報をサクサク検索【求人サイトをcheck】

理想の職場を見つけよう

保育関係の求人を探しているなら募集要項を豊富に紹介しているサイトを利用しましょう。そうすることで効率的に転職先が探しだせますよ。また、千葉では沢山の求人情報が公開されています。そのため、理想に近い職場がきっと見つかるでしょう。

私立・公立の違いを徹底解説!

私立保育園

私立保育園は社会福祉法人や学校法人などさまざまな企業が運営しています。そのため、施設ごとに教育方針や業務内容が異なっていくのが特徴です。また、施設ごとに特別手当や有給休暇の取得方法なども違ってきますよ。

公立保育園

公立保育園は自治体が運営している保育施設です。そのため、公立保育園で働いている保育士さん達は地方公務員という立場になります。そんな公立保育園で働くメリットは待遇がとても良いことです。福利厚生が充実していて産休や育休も取れます。また、ボーナスが支給されますし勤続年数に応じて給与金額も大きく変わってきます。

保育士求人の人気条件を徹底リサーチ☆【転職を成功させよう】

保育士と子供

利用者が増えてきている

保育士の求人を探している人の中には、保育施設が出している募集要項を沢山紹介しているサイトを利用しています。そういったサイトなら、さまざまな条件を元に最良の求人を検索できますよ。また最近では、千葉など一定の地域の情報を載せているサイトが登場しています。専門性の高いサイトなら比較する件数が少ないので、求人選びで迷わずにすむでしょう。

女性

試験を受ける前に知っておこう

公立保育園に採用されるためには、専門の試験を受けないといけません。その内容は、保育士としての基礎知識だけではないんです。高校卒業レベルの数学や文章理解力が試される問題も出題されます。そのため、問われる知識の幅がとても広いんです。また、試験に合格したらすぐに採用される訳ではありません。試験合格者は採用候補者名簿に登録されます。その中から必要とされた人だけで公立保育園で働けるんです。また採用候補者名簿の登録期限は一年間のみなので、その間に採用通知が来ない場合には、また試験を受けないといけません。

人気の高い条件を大公開☆

保育士と園児
no.1

未経験歓迎

結婚や出産を機に保育職を離れた人にもとても人気が高い条件です。専門学校を卒業予定の学生が検索している条件でもあるため、需要がとても高いんですよ。また、こういった条件を提示している保育施設の多くは研修制度を設けている場合があります。そのため、早く仕事が覚えられますよ。

no.2

イベント少なめ

園内で行なっているイベントの準備は職員が行ないます。また、園児が帰った後に行なう必要があるため、残業や持ち帰りをする職員もいるんです。そのため、仕事とプライベートをきっちり分けたい人に支持されている条件なんですよ。

no.3

小規模保育

少人数の子供の保育を行なうのが小規模保育です。そのため、普通の保育園で働くよりも体力を使わずに済みます。また、一人一人の子供と向き合った仕事ができるので、モチベーションを維持しやすいようですよ。

no.4

オープニング求人

これから開園予定の保育園は教育方針や指導の仕方などさまざまなことを先生達で決めていきます。そのため、チャレンジ精神旺盛な人に人気の高い条件です。ですが、開園後も試行錯誤しながら仕事を進めていくためとても忙しいですよ。

no.5

住宅手当・社宅あり

住宅手当や社宅を提供してくれる保育園が最近とても増えてきています。手元に残るお金が増えるため需要も高まってきています。ですが、社宅の場合だと先生たちがすぐ近くにいます。そのため、プライベートと仕事との隔てりがないように感じる人もいるようです。

最良の求人を見つけるために

求人を探す上で待遇が良いところはとても魅力的です。しかし、それだけで職場を選んでしまうと、仕事に対するモチベーションが維持できない場合もあるので注意が必要です。

[PR]
保育士の求人を確認
高収入の仕事が見つかる

求人を探す時のポイントをリサーチ♪

保育士

立地を確認

高収入が期待できる求人でも勤務場所が遠すぎたら意味がありません。そのため、勤務時間のことを考えて近場で求人を探すのがお勧めです、しかし、どうしても遠い場所にある保育園で働きたいと思っているなら、近場への引越しを検討してみると良いでしょう。

給与や特別手当をチェック

私立保育園は公立保育園よりも給与が安いと言われています。しかし、保育園の経営状態によっては公立保育園よりも給与が高い場合だってありますよ。だからこそ、施設の種類だけで給与をきめつけてはいけません。また、保育施設の中には住宅手当や社会保険を完備しているところもありますよ。

雇用形態を問い合わせ

保育士求人の中には、正社員になる前に非正規雇用期間を設けている場合があります。また、非正規雇用で就職しているのに、仕事の量は正規の職員と同じという場合だってあるんですよ。そんな状況を回避したいなら、事前に職場に雇用形態を質問したり施設見学をしておくといいでしょう。

求人によって休みの割合が違う!

保育関係の求人の中には、沢山の施設があります。施設の種類によってシフト制なのか休日が固定化されているのか違ってきますよ。そのため、休みに関して譲れない条件があるなら事前にチェックすべき項目といえるでしょう。

施設の見学をしよう

求人情報だけでは職場の雰囲気はわかりません。自分がこれから働く場所を探すのですから、事前に施設見学をしましょう。それを行なっていることで、子供たちや職員達の雰囲気が把握できますよ。

[PR]
保育士の求人なら千葉で応募できる
働きたいところが見つかる

広告募集中

保育士の採用情報を多数公開中