最良の保育士求人を探そう【施設選びも重要】
ロゴ

自分に合った保育士求人を見つけよう【保育施設の特徴をリサーチ】

最良の保育士求人を探そう【施設選びも重要】

女性

沢山の就職先がある

保育士の資格は保育園でしか役に立たないと思っている人が多いです。しかし、そんなことはないんです。保育士の資格は学童や児童館、商業施設の子供預かりサービスなどさまざまな場所で活躍します。また、千葉のように沢山の人が住んでいる地域ではさらに需要の高い資格なんですよ。

園児と先生

認可こども園には注意!

認可こども園は、保育園と幼稚園の両方の機能が利用できる保育施設です。そのため、近年需要が高まってきています。それに伴い求人情報の数も増えてきているんです。また、0歳から6歳までのこどもを相手にするため、人気が高まっています。しかし、求人を利用するには注意点があるんですよ。それは、認可こども園は保育士資格と幼児教諭資格の両方を取得していないと就職できないという点です。そのため、自分が持っているスキルを事前に把握しておく必要がありますよ。

人気の就職先を徹底ランキング☆

保育士
no.1

公立保育園

公立保育園の多くは、給与水準が高く福利厚も手厚いです。そのため求職者から高い人気を誇っており、競争率がとても高いです。また、内定までの道のりがとても長いです。しかし、勤続年数によって昇給がある施設も多いので、苦労をするだけの価値はあるようです。

no.2

病院内保育施設

病院に勤務している医師や職員、看護師の子どもを対象としているのが病院内保育施設です。行事ごとやイベントが少ないため、業務の負担が少ないのが特徴です。また、施設によっては夜間勤務をしている医師や看護師の為に24時間営業している施設があります。そういったところでは夜間手当が支給されるので、給与が高くなります。

no.3

企業内保育施設

企業内保育施設は、会社で働いている社員が子供を預けることを目的に運営されています。また、営業時間が提携している会社と同じなので、土日・祝日は休みになっているところも多くあります。

no.4

病児保育施設

病気になってしまった子供を預かってくれるのが病児保育施設の特徴です。医療施設と併用しているところが多く、医師や看護師さんと連携しながら仕事をしていく職場も沢山あります。病気の子供を預かるという特殊な仕事なので、待遇の良い求人が豊富です。

no.5

小規模保育施設

小規模保育施設は数年前に国が認可した保育事業です。0歳から3歳までのこどもを少人数預かってくれるサービスになります。落ち着いた環境で子供たちと向き合って仕事ができるため、近年人気が高まってきています。また、乳幼児を相手にしごとをするため、体力的な負担が少ないです。

広告募集中